長野県佐久市下小田切50-1

施設のご案内入居のご案内交通・アクセスイベント・行事個人情報保護方針決算報告書

 特別養護老人ホームさくら苑は、要介護の認定を受けた方で、居宅での生活が困難な人が入居して、日常生活の支援や介護などのサービスが受けられる施設です。

 当さくら苑は、生活の場を大切にするという考えから、個室の他に10人単位の共同生活室等を設けて、食事や団らんなど家庭的な雰囲気の中で自分らしい暮らしができる「ユニットケア」の形態で運営しております。

 また近くの医療法人雨宮病院と提携し、より良い介護に努めております。安心して暮らしていただける施設です。

※見学・ご相談は随時受け付けております。(事前にご連絡ください)
※「ユニットケア」とは、自宅に近い環境の介護施設において、他の入居者や介護スタッフと共同生活をしながら、入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法のことを指します。 特別養護老人ホームなどの介護施設は、常時入居者を見守りながら必要に応じて介護できる体制をとっています。(一般社団法人 日本ユニットケア推進センターHP「はじめに」より抜粋)
さくら苑実践綱領
定員 50名(長期入所50室 / 全室個室 / トイレ・洗面付 / 5ユニット×各10名)
利用対象者 原則として介護保険の要介護認定が必要な、要介護1〜要介護5の範囲で認定された方
職員構成 施設長・看護師・介護支援専門員・生活相談員・機能訓練指導員・管理栄養士・介護福祉士・介護員・事務員・嘱託医師
運営方針
<1> 入居者一人ひとりの人格を尊重し、その居宅における生活への復帰を念頭において、居宅の生活と入居後の生活が連続したものとなるよう配慮します。
<2> 入居者が相互に社会関係を築き、自立的な日常生活を営むことを支援します。
<3> 家庭や地域との結びつきを重視した運営を行い、市町村、各介護支援事業所、保健・医療・福祉等サービスを提供する者と密接な連携に務めます。

←提携先の雨宮病院ホームページはこちらから
特別養護老人ホーム さくら苑
社会福祉法人 里仁会 特別養護老人ホーム さくら苑
Copyright(C) home-sakuraen.net|さくら苑 All rights reserved.